飲料水は財力次第かも

 栃木県に住んでいます。そして、水は浄水器をつけて利用しております。例えば、薬を飲むときや、ペットの水をあげるときは別に浄水器を通した水でなく、普通の水でもいいのですが、氷を作るときの水や、飲料として利用する水は、必ず浄水器を通した水を利用するようにしています。そのままの水って、小学生や中学生の頃はそのままでも学校でがばがば飲んでいましたが、いつの間にか飲めなくなりました。外にいるときに、飲み薬を飲む際、水を買うのが勿体ないから、トイレの水を飲むこともありますが、それすら嫌がる人もいるのが事実だと思います。

 また、私の会社にはうがいをするのも嫌がる人がいます。気になるのは、やはりにおいと味でしょうか。なんというか、カルキ臭い感じがします。その分、浄水器を通した水であれば何かしら安心感があるなと思っております。震災の頃は、水道水自体が信用できなかったので、ミネラルウォーターを毎回買っていました。これはこれでとてもよく、水はおいしいし、コーヒー用でわかしてもコーヒーがおいしい(余談ですが、コーヒーの味は水がとても重要です)。

 結論、カネがあるならミネラルウォーターを買うのが一番。でもうがいとかは別に不通の水でもいいかと思います。それが難しいなら浄水器、という順位かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です